早く美白の効果を実感したいならスキンケアの方法に注目

女性

かゆみから解放されるには

鏡を見る女性

自分でできること

かゆくて辛いアトピー性皮膚炎、少しでもかゆみを軽減するにはどうすれば良いのでしょう。自分でできる対策としては、生活環境のコントロールをすることがあげられます。掃除をこまめにすることで、完全には無理でも、ダニやカビなどを徹底的に取り除きましょう。ダニやカビはアトピー性皮膚炎の大きな原因の一つと言われています。カーペットや布団だけでなく、クッションやぬいぐるみなどもきちんと洗濯し、清潔にしておきましょう。部屋の気温や湿度に気を付け、汗をかかない、乾燥しないようにしましょう。しかし、湿度が高すぎるとカビ発生が増えるので、注意が必要です。服の素材も肌に優しいものを選び、汗をかいたらこまめに着替えるようにしましょう。自分で意識することで、症状はかなり和らぎます。

肌の保湿で改善

アトピー性皮膚炎の肌は、炎症を起こし、バリア機能が低下している状態です。セラミドなどの肌の保湿成分が不足し、皮脂分泌が弱まっているため、表面の角質層は外側からの刺激に弱くなっているだけでなく、内側から水分が蒸発するのを防ぐこともできにくくなっています。そのため、セラミドやヒアルロン酸などを用いた肌の保湿は治療に効果的な方法の一つです。十分に保湿をすることで、バリア機能を高めたり、肌に水分を補ったりすることができ、かゆみを和らげることができます。アトピー性皮膚炎の肌は外からの刺激に敏感になっており、影響も出やすいので、保湿剤は慎重に選びましょう。肌のタイプや症状に合わせた保湿剤を選び、肌に合わない場合はすぐに使用を中止しましょう。